« 2022年10月 | トップページ

2023年10月

2023年10月 8日 (日)

ニコン D40X 回顧

 気づいたら1年近く更新していなかった。ニフティから通知が来るまで、最近更新したかな、くらいの気持ちしかなかった。50を過ぎると日々が加速度的に早く過ぎていく。

 先日、ふと昔使っていたカメラはどんな写りをしていたのだろう、と気になって昔の写真データを見直していた。今、メインで使っているのはニコンのZ7とOM SYSTEMSのOM-1なのだが、どちらも過不足ない写りであって、何の不満もない。しかし、手持ちのカメラの種類が増えてしまい、収拾がつかなくなってきた。ニコンFマウント、Zマウント、フジのXマウント、MFTの4つの種類があって、現状、ZマウントとMFTの2種類で十分満足しているのだが、Fマウントに関しては何せ中学校2年生の時から使っているので、手元にも実家にもそれこそ多くのレンズ資産がある上に、先年亡くなった父の形見のカメラが全てFマウントなので、それを放り出すのには躊躇する。Xマウントも整理しようかとふと思ったりもするのだが、フジのカメラは写りが良い上に、レンズも良い。ニコンやMFTはどうも仕事の臭いがするのだが、富士フイルムのカメラには趣味の臭いがあって、どうにも捨てがたい。それで同じようなレンズをそれぞれ購入してしまい、都合、同じ焦点域をカバーするレンズが4種類になってしまうのだ。ミニマムのシステムにしてしまいたいのが本音なのだが、それに踏み切れないでいる。つくづく貧乏性である。

 元の話に戻るが、昔の写真はデータとして保存しているのだが、遡ると1998年からデジタルカメラを使っていたみたいだ。初めて買ったデジカメはソニーのDSC-S75だったと記憶しているが、それはすぐに手放してしまった記憶がある。確か、コニカのKD-310Zを買ってそれを気に入り、KD-510Zにランクアップさせて、それをずっと使い続けていた記憶がある。KD-510Zで撮った写真が大量に出てきた。500万画素程度のカメラで、バッテリーはすぐに切れてしまうし、今のスマホのような写りなのだが、結構よく写るカメラで、気に入って10年ほど使っていたのだ。これは使えるかどうかわからないが、今でも机の中に仕舞い込んである。

 2007年頃の写真を見ていると、ニコンのD40Xで写した写真がぞろぞろと出てきた。1年後にはD60になっていたから、多分1年ほどだけ使っていたのだろうと思う。Wズームキットの棚ズレ品をキタムラで買った記憶はあるが、どうもすぐに手放してしまったらしい。1000万画素ほどのCCDを使った入門機で、小さくて良かったから、D3300までは歴代の入門機はいつも買い替えていた覚えがある。そのD40Xで撮った写真がいいのである。何がいいか、と言われたら、その油絵のような発色である。解像感もあまりなく、写真らしい感じもなく、とにかくリアルな絵のような感じで、印象的だった。こんな発色をするカメラはこれ以降、出てきていない。D60で撮影したものは、そんなにこってりとした発色ではなく、D40Xで撮影したものとは明らかに違う。

 今のスマホで撮った写真もそうだが、ニコンのD70やコニカのKD-510Zは、明らかにデジタル臭かった。いかにも「作り物」のように世界を写していた。それが画素数が多くなって精細な写真を写せるようになった。それを感じたのはニコンのD90がメインカメラになった頃だった。ハッセルで撮って六切にファインプリントした写真より、D90で撮影して画像処理して、エプソンの顔料インクのプリンターでA4に印刷した写真の方が高精細でかつ美しかったのだ。それを見て、今から10年くらい前から、銀塩で写真を撮ることがほとんどなくなってしまった。

 しかし、フィルムの感触というのは体が覚えている。あまりにリアルすぎると、それが写真ではないような気がする。それで、記憶のフィルムを探り出して画像処理していくのだが、なかなか難しく、モノクロはずっと暗室をしていたから何となくできるものの、カラーではそれは難しい。カメラ店にリバーサルフィルムを出してスリーブ仕上げにしてもらい、家に帰るとそれをライトボックスの上に拡げてピークのルーペで子細に眺める。露出がうまくいった時の感動、ひどい露出になってしまった時の情けなさ、そんなものが入り交じりながらライトボックスの上のフィルムを見る。コダクロームが好きだったが、それがなくなり、発色が近いと思いながらいつもコニカのSINBIを使っていたが、ニコンD40Xは私の記憶の中にあるコダクローム、あるいはSINBIのような発色なのだった。もちろん、D40Xは1000万画素もあるから、フィルムのその頃よりもずっと解像度もある。

 ニコンD40Xはもう15年ほども前のカメラだから、1万円ほどで売られているのだろう、と思う。程度の良いものを1台、買ってもいいかなと思い始める。こうやって、またカメラが増えていくのだ。

20231008

Nikon D40X w/AF-S 18-55mm F3.5-5.6 GII

« 2022年10月 | トップページ

無料ブログはココログ