« 午睡 | トップページ | 力糸が次々と切れる »

2022年8月10日 (水)

ゼロサム キス X4 TB でキス釣り

 ここ1ヶ月ほど、毎週のようにキス釣りをしている。大体、7月、8月はシーバスかタコを釣ることがここ数年だったのだが、3年ほど前に宇崎日新のゼロサム キス X4TBの30号を購入したのに、それをあまり持ち出さないでいて、ずっとロッドスタンドに立っているのが気になりだしたのだった。キス釣りをしなければ、と半ば強迫心のような感じで、キス釣りの仕掛けを用意して、7月の初旬に出掛けたのだった。

 久しぶりのキス釣りは面白かった。年を取り、だんだんと早起きが億劫になってきたのもあるが、いつもより少しだけ朝、早起きして出掛ければいい。青物の時期は、防波堤の場所取りのために、深夜の2時くらいに家を出ないといけなかったりするが、キスは大抵どこでも釣れるし、気楽なものだ。エサを買わなければならないのがルアーとは違ってちょっと面倒だが、青虫か石ゴカイを500円分ほど買えば、十分な数のキスが釣れる。

 今年はいつも行く場所に何度か足を運んだのだが、6時なのに車を停めるスペースすらなく、ものすごく混雑していた。前はこんなことはなかったのに、と思いながら、コロナの影響で釣りをする人が多いのかな、と思ったりもする。結局、そこからまた1時間ほど車を走らせてもう一箇所の馴染みの場所に行くことが多くなった。そこは砂利浜なのだが、例年、2~3人がキス釣りをしている程度なのに、今年は10人くらいいることも多くなった。ただ、浜なので、どこかは空いていて、そこに入って釣りをすることができるし、暑い時期なので、朝8時くらいには帰る人もかなりいるから、結局、自分一人だけ釣りをしているという状況になったことも何度かあった。

 この釣り場は、いつも行く場所とは違って、かなり遠投しないと釣りにならないことも多い。いつも行く場所は、せいぜい50mも投げればいいので、大抵シーバスロッドに10号くらいの小さなL型天秤、2本針でやっているのだが、今年よく行く所は、勿論近距離で釣れることも結構あるけれど、100m以上投げた方が良い時も多い。100m以上投げれば、20cmを超えるキスが連掛け、ということもあるのだ。

 以前、よくキス釣りをしていた時は、チロリをエサに使っていたのだが、チロリを扱う店がなくなってしまった。どのエサ屋に行っても、青虫と石ゴカイしかない。チョイ投げをする時は青虫を付けると大きなキスが掛かることが多いので、いつも青虫を使っていたのだが、青虫は残念ながら遠投が利かない。というよりも、青虫を落とさずに遠投できる技術が私にはない。それで、最近は石ゴカイを使うことが多くなった。というよりも、チロリが手に入らなかったら、大抵石ゴカイを使っていたので、昔に戻っただけなのだが。

 ロッドはゼロサム キス X4TBの30号だ。最近、投げ竿はどんなものが売っているのかよくわからなかったので、ネット通販を見てみたら、投げ竿がほとんど売られていない。シマノのキススペシャルや、ダイワのマスタライズキス、がまかつのアルテイシアといった昔、欲しいと思いながら見ていたロッドはほとんど在庫がなかった。リールもそうだ。私はシマノの17フリーゲンを使っているのだが、17フリーゲンが売られておらず、売られていたとしてもほとんど定価という状態だった。コロナの影響で品薄になっているのか、通販ではなく、店舗で販売しているのか、よくわからないけれど、とにかく品物がない。ゼロサム キス X4TBの在庫はどこにもなかった。これの23号を実は欲しいと思っていたのだけれど、ないものは買うことができない。家から1時間ほどの所にある釣具屋が、地元のがまかつや宇崎日新を中心に扱っているので、そこに行けばもしかしたらあるのかもしれないが、釣具屋に行く時間があるなら釣りをしていた方がいいと思って行くのは止している。ゼロサム キスは初代のtype1も持っているので、それを使えばいい。

 ゼロサムキスのインプレはほとんどない。X4TBに至っては、ヒットするのが自分のこのブログ、という有様だ。

 私は高級なロッドは使ったことがないし、投げるのも下手くそなので、あまりインプレにはならないが、このロッドはとにかくキスのアタリが明確で、楽しいロッドであることは確かだ。スピンパワーの365FX+も持っているが、あれと同じようにキスのアタリを捉えてくれる。27号の錘を使っているけれど、軽くオーバーヘッドで投げて5色というところだ。シマノのプロサーフSFを使っていたことがあったが、あれと比べたら若干胴調子になっている。釣り場が漂着物だらけなので、V字で投げると必ずと言って良いくらい針がゴミを拾うので、オーバーヘッドでしか投げられないが、5色投げられればとりあえず十分だ。

 これに5本針でやっている。50本巻の仕掛けも若干値段が上がっているが、これが便利なので、それをずっと使っている。瀬戸内海で、あまり連掛けを楽しむことはしていなかったのだけれど、今年は遠投して出来るだけ連掛けを楽しむようにしている。

 大体1回の釣行は、3時間ほどだ。3時間を過ぎると暑くてもう嫌になる。3時間で40~50匹くらいである。

 キス釣りの楽しみは、帰ってそれを食べることにもある。キスは癖がなくて、本当においしい。捌くのが面倒だけれど、その価値はある魚だ。

 9月に入る頃までは、きっとキス釣りをしていることだろうと思う。

20220810

赤穂市にて

« 午睡 | トップページ | 力糸が次々と切れる »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 午睡 | トップページ | 力糸が次々と切れる »

無料ブログはココログ