« モノが溢れる | トップページ | 午睡 »

2022年5月 1日 (日)

パナソニック ベロスター ミニを買った

 連休が始まったのだが、金、土、日と3日間とも仕事で、おまけに先週の土日も仕事だったから、何だかひどく損をした気持ちになる。

 3月の終わりに電動自転車を買った。桜の咲く時期にカメラを提げて桜の写真を撮って回りたいと思ったからだった。車で出掛けると、駐車する場所がなくて、いつも写真を撮らずにまあいいかと過ぎてしまう。毎年、釣りの帰りに桜が満開の場所があって、そこの写真を撮りたいと思っていたのだが、車を置くスペースがない。家から15キロほどの場所だから、自転車なら撮りに行けるだろうと思ったのだった。

 今まではあさひ自転車で買ったプレシジョン・スポーツというクロスバイクに乗っていた。ところが、50歳手前になると辛いのだ。特に坂道と向かい風が辛い。3月の初旬にその自転車で少し走ってみたのだが、帰りが向かい風だったため、ひどく疲れてしまった。それに、700cのクロスバイクは小回りが利かず、狭い路地に入ったりするとちょっと困る。それで、ミニベロの電動自転車を探したら、パナソニックとヤマハから出ていたので、どちらにしようかと悩んだが、最も安価なパナソニックのベロスター ミニにしたのだった。ネットで購入して、近所の店で受け取った。そうするとかなりのポイントがつくので、何だか得をしたような気になる。最近、直接店で買えるものもあまり買わず、大きなものや野菜の苗みたいなもの以外はネットで注文することが多いが、そうすると少しでもポイントがついて次に使える。多分、通販会社の策略に嵌まっているのだろうが、得なことは確かだろうと思う。

 電動自転車は家族のものが1台あるのだが、いわゆるママチャリで、乗ったことはない。自転車屋で取り扱い方の簡単な説明を受けて、自転車屋の駐車場から乗り始めた。軽いのだ。7速あるのだが、最も速いギアにしてもすいすい漕げるし、もっと速いギアがあってもいいのにと思う。あまりスピードは出ないが、とても快適だ。

 家に帰ってアマゾンで買った前籠とペダルを付けた。後輪の変速ギアも交換したいと思うが、交換時期になったらでいいかなと思ってそれは注文しなかった。家の電動自転車もパナソニックのものなのだが、バッテリーが2回りほど大きい。

 3月の終わりと4月の初めにその自転車で50キロほど走ってみた。時々、平地が続くような場所では長距離モードにしながら走ったが、ちょうどバッテリーが10%程度になるくらいだった。カメラを首から提げて走るが、小回りが利いていい。そこに行くまで結構時間がかかると思っているような場所が、自転車で走っても大して時間的に違わないということがわかった。車ではどうしても渋滞とか、右折車両待ちとかがあるのだが、自転車ではそれがないのが大きいのだろう。それに、車では決して通らないような細い近道を通ることができる。

 カメラはパナソニックのDMC-G8に14-140mmF3.5-5.6を付けていった。最近気に入って使っている組み合わせだ。G8はG7と外観はほとんど同じだが、全く違うカメラだと言って良いと思う。感触が段違いにいい。G7はそのあまりにちゃちな感じに嫌気が差して手放してしまったが、G8はマグネシウム合金のボディになり、シャッター音も非常に静かになり、手ぶれ補正も強化され、と文句なしに良いカメラになっている。1600万画素くらいのセンサーなのだが、ローパスレスで解像度も良い。それに、E-M1 markIIを使った限りでは、1600万画素もマイクロ・フォーサーズで最新の2000万画素も大して違わないような気もする。ただ、どうもピントが合わない時があって困った。シャッターボタンを半押ししてもAFが作動しないのだ。バッテリーを入れ直したら作動するので、カメラの故障なのかなと思いながらだましだまし写真を撮り続けた。このレンズも高倍率ズームなのによく写る。パナソニックは廉価版のレンズがとても優秀だと感じる。これはオリンパスと違う所だ。オリンパスはどうしてもPROレンズを使うとその描写の良さに後戻りができなくなる。ただ、APS-Cよりは小さくまとめることはできるが、それでも廉価版のレンズを付けた時みたいにコンパクトにまとめることはできない。

 このレンズは家に帰ってから他のカメラで作動を試したら、他のカメラでも同じようにAFが作動しないことがあった。レンズの故障なのだとわかったので、パナソニックに修理に出した。

 やはり写真を撮影することと自転車とは、とても相性が良い。連休中も1日は、自転車でどこかに出掛けたいと思う。

20220501

Panasonic Lumix DMC-G8 w/Lumix G Vario 14-140mm F3.5-5.6

« モノが溢れる | トップページ | 午睡 »

カメラと写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モノが溢れる | トップページ | 午睡 »

無料ブログはココログ