« 何も釣れない | トップページ | パナソニック ベロスター ミニを買った »

2022年2月19日 (土)

モノが溢れる

 身の回りにモノが溢れていて、処分したいと思う。釣り竿だけでも20本ほどもあって、使うロッドはほとんど決まっているので、不要なロッドは売り払いたいと思うのだが、中古釣具店に持っていっても大した値段はつかないだろうから、それなら誰かにあげた方がいいような気もして、そのままにしてしまっている。ヤフオクみたいなところで売ってもいいのだが、長尺物は送料が高いし、いつも使っていたヤマト便が廃止になって、160cm以上のものは送れなくなってしまった。

 貧乏性だとつくづく思う。先日、ダイソーでコアマンのVJのようなジグヘッドが200円でたくさん売られていたので、10個ほど買ってしまった。手持ちのワームを着けて使ってみたが、10個も必要なかったと思う。ルアーも安い時にまとめて買っておくという習慣になってしまって、まとめて買ったのを忘れてしまってまた安い時にまとめて買うという悪循環を繰り返す。いつも行くゴロタ浜でヒラメ釣りをすると、大抵いくつかルアーをロストしてしまうので、それで安い時に買っておこうと思うのだ。けれど、今年のシーズンはヒラメ釣りに数回しか行っていないし、釣れたのは50cmのイシガレイだけというよくわからない釣果だった。先週は良い天気だったので出掛けたが、目の前でヒラメをばらしてしまって、馬鹿馬鹿しくなって2時間ほどで帰宅した。

 結局、よく使うルアーも決まっているのだ。ヒラメ釣りならば、いつもビーチウォーカーのハウルを使う。ハウルは高価なのだが、一時期、釣具店が閉店セールをしていて、かなり安い値段で売られていたのでまとめて買った。それがまだたくさん手元にある。メタルジグを使うこともあるのだが、ジャクソンのギャロップスイマーを使っていた。ギャロップスイマーはディスコンになったのか、ほとんど見かけなくなってしまったが、これでいくつもヒラメやマゴチを釣った。青物を釣る時は、いつも行く釣り場ではジャクソンの鉄パンロングを使うことが多い。今年はそれがあまりうまくいかず、代わりにブリーデンのメタルマル40gでかなり釣った。あとは時々、マリアのムーチョ・ルチアか、ダミキの闘魂ジグを使うくらいで、他はほとんど使わない。それなのに、ネットや雑誌の情報で「これが釣れる」というのがあると買わずにはいられなくて、つい買ってしまうのだ。それがどんどん溜まっていって、プラスチックの衣装箱1個分くらいにまでなってしまった。

 実は今日、それらを整理して売ってしまおうと思ったのだった。朝から雨が降り続いていて、今日は目の前の仕事もなかったので、それなら整理して手放してもいいかなと思ってやりかけたのだが、あまりに数が多すぎて、面倒になってやめてしまった。結局、外に出して整理しかけたルアーの数々は、元のように衣装ケースに仕舞い込まれることになった。これだけあれば、死ぬまでルアーを買わなくてもいいんじゃないか、と自嘲した。

 結局、私は次々に消費をし続けているが、それが自分の幸福には繋がっていないということを自覚すべきなのだ。消費をするために働き、消費をしてそれが幸福には繋がらない。青物釣りは、鉄パンロングと、メタルマルだけあれば事足りるということを知るべきなのだ。カメラにしてもそうだ。高校生の時、ニコン1台とレンズ2本で何もかも撮影して、それでいくつものコンテストに入賞したが、その時の写真の方が今、手元に溢れているカメラで撮影した写真よりもずっと良い写真だった、と気付かなければならないのだ。仕事は消費、あるいは浪費のためにするものではない。

 身の回りにあるものを少しずつ処分しようとはしているが、それもなかなかに進まない。そして、また消費に走る。その繰り返しが悪循環となっていることを、自戒しなければならない。

20220219

Fujifilm X-A5 w/Laowa 9mm F2.8

« 何も釣れない | トップページ | パナソニック ベロスター ミニを買った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 何も釣れない | トップページ | パナソニック ベロスター ミニを買った »

無料ブログはココログ