« カメラを売るかどうか | トップページ | 宇崎日新 ARES ブルーポーター SHJ »

2021年11月 3日 (水)

久しぶりに釣れた

 ここ2週間ほど、仕事に行っても家にいても、疲れが抜けなくてひどい状態でいる。朝から仕事場に着いてもぐったりとして、あまり仕事をする気力も起きなくて、イライラしてばかりいる。休みの日も所用がいくつもあって、休みが休みでないような気がする。所用のために車で走っていると、このままどこか遠くに行って、しばらく帰ってこないことが許されるならどんなにいいか、と考えてしまう。高速道路の入口に差し掛かると、このまま高速に乗って、山陰のあまり人のいないような街に行って、そのまましばらく住んでみようか、などと妄想する。車を運転するのさえ、辛い状態なのに。

 今日も仕事が午前中に入っていたのだが、用事があると言って休ませて貰った。仕事に行かなければ行かないで少し後ろめたい気持ちがあるのだが、このまま気持ちに休みがない状態で仕事を続けるよりも、いっそのこと一日休んで、また明日に繋ぐことが出来た方がいいのではないかと自分勝手に考えた。日々、精神的に追い詰められているような気がする。

 休みを取って、釣りに行きたいと思った。10月も何度か釣りには行ったのだが、ほとんど不発の状態だった。それどころか車を壊されたりと散々だった。しばらく釣りをやめようかと思ったくらいだった。

 昨日の夜にどうするか考えて、潮見表を見てやはり朝一に行くべきだろう、と思って目覚ましを3時に合わせた。私のいつも行く釣り場は、3時には到着しないと釣る場所がないことが多いのだが、それだと2時前には起きなければならない。4時間は寝たいと思って3時に目覚ましを合わせた。疲れが溜まっているので、すぐに眠りに陥って、3時のアラームで目を覚ました。体が重い。こんな辛い思いをしてまで釣りに行くべきなのか、と考えて再度布団を被るが、今日を逃したら行ける日がないかもしれないと考え直した。重い体を引きずって着替え、用意をして出掛けた。

 釣り場に着くと、10番目くらいだった。大体15人ほどがこの釣り場には入れるので、最後の方に入れただけ良かった。時計を見ると4時前で、大体夜明けが6時前くらいだから、2時間どうしようかと思った。北風が強い。ライトダウンを着てきたが、風が縫い目から入ってきて、ひどく寒い。テトラの陰に身を置いて、風を避けた。

 トラギア・チビという小さく縮むロッドと、小さなリール、それからメバル釣りの仕掛けとエサを一応持ってきていたので、しばらくそれをやってみるが、何の反応もない。エサが古いからだろうと思う。大分前に購入して、冷凍室に入れっぱなしになっていたオキアミだからだ。しばらくすると根掛かりをして、電気ウキの上からラインが切れた。電気ウキが赤い光を灯しながら流れていった。タモで掬おうとしたが、網の目が粗くてその目から何度も電気ウキは落ちていった。何度か掬っては落とし、を繰り返している内にテトラの隙間に落ちて、いよいよ拾えなくなった。

 周りの人たちがジグを投げ始めた。夜が明け始めたのだ。短いロッドを片付けて、青物用のロッドとリールを用意して、投げ始めた。海は何の気配もなく、ただ、冷たい北風が吹く中、メタルバイブを投げ続けた。やがて、左手から小さなナブラが立ったかと思うと、ヒットした。隣の人が私のラインの上にジグを投げてしまい、私のラインと絡まっている。魚はテトラに突っ込もうとする。久しぶりのヒットなのに、バラしたかなと思いながら隣の人のジグをラインから外すと、まだ魚が付いていた。ロッドを引いて浮かせにかかる。この引きなら、小さな、せいぜい40センチくらいの青物だろうなと思いながら引き寄せてくると、近くの若い人がタモ入れをしてくれた。助かった。

 久しぶりの青物だった。計ると、63センチで、ぎりぎりメジロと言って良いサイズだった。このサイズなのに、ゼナックのミュートスはまるで小さな魚のようにあっという間に岸に引き寄せてしまった。それからは全くアタリもなくなり、メタルバイブからメタルジグに変えて底をずるずるやっていると、何かがヒットした。エソかなと思いながらリールを巻くが、全く引かない。外れたかなと思いながらリールを巻くと、ヒラメが浮いてきた。40センチくらいだったのでソゲだが、久しぶりのヒラメは嬉しかった。

 結局、8時まで釣りをして帰宅した。休日の8時だから、まだ道は混んでいなかったが、家に近づいてくると疲労感が増してきた。釣りをしている時はあまり疲労感を感じなかったが、それでもいつもの3倍くらいは休憩を取った。大体ショアジギングをする時は3時間くらいはジグを投げ続けるのが普通だったのに、今は30分に1回、10分くらいの休憩を挟まないと釣りを継続してできなくなってしまった。

 家に帰り、魚を捌いて道具の片付けをすると昼過ぎだった。ベッドに横になって少し寝ようと思った。うとうとしかけてすぐに、裏の家の子どもたちが大声で叫びながら庭で遊び始めた。眠ることは出来なかった。

20211103

Panasonic DMC-TX1

« カメラを売るかどうか | トップページ | 宇崎日新 ARES ブルーポーター SHJ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カメラを売るかどうか | トップページ | 宇崎日新 ARES ブルーポーター SHJ »

無料ブログはココログ